垂れ

MENU

バストが垂れる原因ってあるの?

クーパー靭帯,脂肪,乳腺

 

バストが縮んできたり垂れてしまった!!

 

なんて悩んでいる女性は多いはずです。

 

年齢を重ねるごとに、バスト加齢化します。

 

バストが垂れたり、形が変わってしまうのにはなにが原因があるのでしょうか??

 

バストの垂れる原因として上げられるのが、バストを支えているクーパー靭帯が伸びてしまうと垂れてしまうのです。

 

クーパー靭帯??

 

クーパー靭帯,脂肪,乳腺

 

聞きなれない名前ですが、これはバストを支える大事な役割があります。

 

クーパー靭帯はコラーゲン繊維から成り立っており、バスト内の乳腺を支えたり、筋肉や脂肪などを皮膚とつなげる役割をしています。

 

クーパー靭帯がしっかりしていると、美しい張りのあるバストが保てることになります。

 

筋肉や大胸筋などは鍛えることが可能ですが、このクーパー靭帯は鍛えることができません。

 

つまり刺激や加齢により伸びきってしまうとバストを支えられなくなります。

 

ではどうしてこのクーパー靭帯が伸びてしまうのでしょう??

 

クーパー靭帯,脂肪,乳腺

 

バスト内は脂肪と乳腺から成り立っておりますが、乳腺は10代から20代にかけて数がどんどん増えていきます。

 

しかし30代になるとその数は減少していき、バスト内部の乳腺の占める割合も少なくなってきます。

 

乳腺が減ると皮下脂肪が増え始め、バストは柔らかくなり、張りが失われ始めます。

 

バストの重さも重くなり、クーパー靭帯も支えられなくなってきて、伸びきってしまい、バストが垂れてくるのです。

 

また、出産して授乳期が終わるとバストが垂れてしまいやすいです。

 

これは妊娠により、赤ちゃんに母乳をあげるために乳腺が発達します。

 

しかし授乳期が終わると、その発達した乳腺が衰えはじめます。

 

その反動でクーパー靭帯が伸びたり、切れてしまったりするので、大きくなったバストが垂れてしまう現象がおこってしまうのです。。

 

このクーパー靭帯は、一度伸びきってしまうと元通りに戻すことは不可能に近いのです。

 

バストの垂れは改善できる?

 

クーパー靭帯,脂肪,乳腺

 

垂れてしまったバストを戻すことは難しいですが、改善方法はあります。

 

  • バストアップストレッチやマッサージをとりいれていきましょう。
  • バストを刺激することで、張りを戻す効果があります。
  • ブラジャーは必ずサイズのあったブラジャーをつけるようにしましょう。
  • バストの形を整える補正下着もありますので、それを利用するのも良いでしょう。

 

バストの張りを戻すにはホルモンバランスが大事です。

 

ホルモンバランスは、不規則な生活や、ストレス、喫煙などで崩れていってしまいます。

 

生活習慣を正してホルモンバランスを良好の状態に保つことも大切です。

 

猫背とバストアップには意外な関係が!